母と息子

先日、美容室に行ったときのお話し。

その日は急に髪が切りたくなったので、行きつけの都内の美容室ではなく、
地元にある小さな美容室へ行くことに。

基本、あまりペラペラしゃべる美容師さんは苦手なのですが、
ポツポツとおしゃべりをしてみると、どうやら同世代の様子で、2歳の息子さんがいるという。
こちとら、独身でねー、お子さんいると大変ですねーなどと他愛のない世間話をしていると、
その美容師さん、なかなかサバサバした女性で
「アタシも本当は結婚するつもりなんてサラサラなかったんですけどね、子供が先にできたもんで。。。」
という素性が明らかになった。

しかも、子供はもともとあまり好きではなく、姪っ子ですら可愛いとあまり思っていなかった、
とオッシャるので、「いやいや、そういう方に限って、自分の子ができるとしっかり愛情そそいでますよー」と返したら、「ええ、可愛いですよー、自分の子は。でも、もう一人で十分なの。」とイヤミなく爽やかに語る彼女。

で、話を進めていくうちに「でもね、息子一人っていう場合、離婚率高いんですよ」という。
うむ、そういえば、確かに芸能界でも、安室奈美江、広末涼子、竹内結子、ともさかりえ、などなど、いますねぇいますいます、と同意していたら、その事実に基づいた科学的(?)理由が彼女の口から語られました。

だってね、息子がいると「小さな恋人」がいるみたいだから、旦那がいらなくなっちゃうんですよ!

だそうです。そうか、なるほど。
確かに、母親目線だと娘と息子は格段に違う、という話も聞き及びますね。
友達の話では、兄ちゃんはいつもアタシより一品おかずが多かった。
父さんがいても、兄ちゃんが母親にチヤホヤされていたなど。

小さな恋人かー。ちょっと味わってみたい。
そうなったら、格段に私も旦那が要らなくなりそうな。フォフォフォ。
でも、それも息子が中学生になり、成人していけば、どこぞのオナゴのものであろうかなぁ。

そうかといえば、息子がいながらも末娘のほうが格段に可愛い!と密かに告白していた友人もいました。
まぁそれぞれか。

現時点では、「自分の血を分けた子供」なんてものがもう未知の存在なので、なんとなく想像しがたい。
でも自分に似た息子。ちょっと見てみたいもんだ。
[PR]

by rubico-teji | 2009-07-02 18:28 | お気に入り!…の巻