正室タイプと側室タイプ

いやー、海老蔵さん、婚約。
お相手は、清純派お嬢様キャスター、マオ小林。おっと、そうきたか。
おそらく世のマオちゃんファンは、海老蔵の毒牙にかかったー!と嘆いていることであろう。

私の第一印象としては、マオさんも色男にとっツカマっちゃったんだねぇ、という感じでしょうか。
要するに、エビ様としては、これぞ「正妻の座にふさわしいタイプの女性」を確保!という感じに見える。
「貞淑で品のある梨園の妻」にぴったりのマオさん。
そして、今後も「遊ぶための女性」はそのカテゴリーとして存在していくのだろうねーと勝手に想像し、マオさんも苦労するよね、と友人に話したところ。

***以下、友人メール抜粋***

いやー、小林麻央のイメージは、したたかでぶりっこでプライドがメチャクチャ高い!
“正妻として苦労するだろう”と同情しているようだが、アタシは“正妻として注目されたい、それなりの地位が欲しい、アタシって可愛いし”と思っているに違いない!と思ってますぜ。
苦労も折り込み済みかと。
だから同情の余地なし。
私としては麻央さん、イケ好かないんですが。
近藤サトさん2号になるか!?

***

というものであった・・・!
いやー、そっかー薄々気づいてはいたが、彼女(マオこば)は同性からはあまり支持されない(?)タイプかぁ。
私としては、そこまでイケ好かないわけでもなく、こんな女性を男性が好むのはわかる、というところでしょうか。
そして、明らかに「嫁にしたい」タイプと言える。アタシがオトコでもそうかも知れない。

前にもここで書いたと思ったが、エビ様の印象は以前よりは悪くないんす。
悪くないけど、やっぱりなーんか女性をカテゴリー分けしてるニホヒがぷんぷんと。
明らかに「火遊びと情熱」が似合う米倉某や佐藤某は側室だったわけで、
その点、おっとりと純粋そうなマオさんと出会っちゃたら正室として即決!って雰囲気がありありと見えるような。

彼女がどこまで裏の顔があるかわからんですが、交際して半年の美男美女カップル、これは今後の展開はキビシそうだなぁ。
暮らしてみてわかる、めっきのハゲ。だはは。

まだまだ梨園のオトコは昔風情がまかり通っていそうな世界。
世間知らず風味のマオちゃん、果たして順調に行くか!?
もし友人が指摘するように、彼女がしたたかタイプなのであれば、そういう困難も笑顔で乗り切っていくと見たね!

これまで数々の浮名を流してきた側室たちがどう感じていることやら。
現代の光源氏は果たして、このままゴシップなく、平穏な人生を全うすることができるのかー。
[PR]

by rubico-teji | 2009-11-20 16:39 | 日々モロモロ…の巻