それでも日本がすきだ。

この頃では、いっとき騒がれたホットスポットの報道もややおさまり、
まさにそのスポットになってしまった実家の親を心配しながら、
「若い人は気をつけなさい」という両親の言葉にしたがって、スーパーに行けば産地を気にしながら野菜を選ぶ日々です。

でも、きれいにパックされた売れ残る和牛を見ると胸が痛い。
というわけで、先週末は東北の牛肉を買いました。
スーパーで独自検査しているから大丈夫、とオットとうなづきながら、
少しでも生産者の方が助かりますように。微力も積もってヤマとなれ(祈)。

そんな中で、そういえば米もそろそろ新米が・・・と思っていた矢先に
ニュースで「22年産の日本米の備蓄が在庫薄」という報道。

これまた、もしや3月の品薄騒動が再来するんではないかと内心アワアワして、思わず昨年産の米10kg(5kg×2)を買ってしまった。
買占めヤロウの先駆けになっちまっただろうか。
微妙に反省。

食料の買出しは放射能への恐れと生産者への申し訳なさ、様々な気持ちのせめぎあいです。

さて、週末だ。
まだまだ夏の楽しみはこれからです。
花火も見たいし、浴衣も着たい。
川にも浸かりたいし、蝉しぐれに包まれたい。

暑い暑いも生きてるからこそ。
がんばろう。
[PR]

by rubico-teji | 2011-08-05 17:34 | 日々モロモロ…の巻